D86FC8BA-A062-40B2-A46C-10902578BA62

今回の行きたい場所は、山口県の岩国市にある「錦帯橋(きんたいきょう)」です。

「日本三名橋」や「日本三大奇橋」に選ばれており、更には名勝にも指定されているという超有名スポットであり、1673年から受け継がれてきたという歴史あるアーチ橋なのです!

それでは「錦帯橋」はどんな橋なのか、早速見ていきましょう♪



錦帯橋の場所



「国道2号」の近くにあり、「山陽自動車道」の「岩国I.C.」からもほど近いので、アクセスはしやすそうです。

駐車場は河原に複数設置されており、合わせると400台以上車が停められる程のスペースがあります。

混雑期の昼間は車で300円の料金がかかります。

バイクの料金は記載がないので不明ですが、車より高くなる事はないでしょう。

「錦帯橋」の往復には、300円かかります。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5989027686238511"
data-ad-slot="7306203987">



錦帯橋の歴史

8F6278AD-B829-49AD-B3DA-941B3EA05192

葛飾北斎にも描かれている歴史ある橋で、一番最初に橋が架けられたのは1673年といわれています。

橋の下を流れる「錦川」は川幅が200mと広く、「錦帯橋」が架かるまでは度々洪水で橋が流されていたそう。

そんな中、洪水にも流されない橋として建設されたのが、現在も残る5連アーチの形状の「錦帯橋」なのです。

しかし、なんと建造した翌年にはまたも洪水によって流されてしまうという、まるでコントのような展開になってしまいます。

D4BCE70C-8E64-411C-9CCF-C9FF5A050EA9
【出典】http://jalan.net/
そこから更に改良されてまた建造されます。

次の作戦は水に浸かる部分を石垣で組む事によって強度を増すというもので、その作戦が功を奏し、それから250年以上もの間流失を防いだ画期的な構造だったのです!

……しかし!それでも1950年の台風によって、またしても「錦帯橋」は川の藻屑となってしまうのです!

もうここまで行くと完全にコントの領域です。

ですが「錦帯橋」は、当時の設計図や大工の名前なども全て残っているので、それを元にまたまた復元。

現在は定期的に架け替え工事をしながら、その姿を残しているのです。



美しい錦帯橋

7565AF67-1673-4500-8BB2-5E6BEA8DF72C

「錦帯橋」の魅力は、やはりその優美な5連アーチでしょう。

中国杭州に架かる6連アーチの橋を参考に作られたと伝わっています。

6D65FC15-D461-4F64-856F-9A7F6F800CBE

橋の裏側まで細かく作り込まれています。

これは間近で見てみたいですね!この造りを見ているだけで、三時間はいけますね!

ちなみに「錦帯橋」は、復旧する際もステンレスの釘などは使わずに、手打ちのたたら鉄を使い、木材も全て国産の物という徹底ぶりです。

日本人のこういう所、大好きです!



79A32865-D5FF-4A3C-8D23-869752E20423

また、夜間は美しくライトアップされます。

昼の「錦帯橋」も十分見応えのある橋ですが、夜は夜でまた違った姿です。

DFBD8F1B-C0EF-4BB9-AC9C-9E92EAA561DA

まるで金箔のように輝いています!

京都の金閣寺にも引けを取らない輝きです♪



そして私の個人的なお勧めは、雪に埋もれる「錦帯橋」です!

E50249C5-20AF-4E10-AE30-17C3216A4A23

なんというか、武士出そうじゃないですか!?

こう、橋の上でスラッと刀を抜いて、決闘始めそうじゃないですか!!

はい、完全に妄想です、ごめんなさい。

83668D0D-CACF-4C6F-BDD3-D85CC0D9923B
【出典】http://jalan.net/
春になると、桜と共に「錦帯橋」の姿を楽しむ事もできます。

雪の中と違って、やはりほっこりした雰囲気になりますね♪

いつ見てもその5連アーチが色褪せる事はないのです!



おわりに

歴史ある建造物を見ていると、昔の人々の思いを馳せたり、当時の職人のこだわりに驚いたりと、全く飽きる事がありません。

私も日本人の端くれとしては、いつかこんな大仕事をしてみたいものです!

ぜひ一度職人の業を見に行ってみましょう♪


▼ブログランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑クリックよろしくお願いします♪



岩国市 特産品

岩国 四度漬キムチ



【うまもん】四度漬キムチ本造り


本造りたくあん



【うまもん】本造りたくあん


三度漬はくさい本造り



【うまもん】三度漬白菜本造り