IMG_1545

みなさんバイク乗っていますかー!

現在9月でまだ昼間は暖かいですが、夜はどんどん冬らしい気温に近付いている今日この頃。

今回の誰得コラムは、バイクにUSB電源を付けようの巻です。



ナビを見ながら走る人は勿論ですが、普通にロングツーリングに出て1番面倒なのが電源確保です。

最低でもスマートフォンだけは生かしておきたいので、簡易的ではありますが、USB電源の確保をしましょう!

ちなみに、この記事を見て作業をして、何かトラブルが起きたとしても、そこは自己責任でお願いします。



USB電源の種類

一括りにUSB電源とはいっても、沢山のメーカーから沢山の種類が出ています。

今回私が選んだのはこちら!

IMG_1530
Ofelia バイク用 電源スイッチ付き USBソケット USB電源 MN811-BK 防水仕様 ブラック

はい、超絶安物です。なんか500円ぐらいだったような気がします。

Ofelia(オフェリア)というメーカーらしいですが、全くの初耳な名前です。



これを選んだ理由としては、安いのは勿論ですが、何よりもOn/Offスイッチが付いていたからなのです。

IMG_1531

今回は「バッ直」と呼ばれる、バッテリーに直に繋ぐ方法をしたかったので、On/Offスイッチが無いと、電気垂れ流しでバッテリー上がりにもなりかねません。

なので、USB電源の種類で迷ったら、まずはどこから電源を確保して、どういう風にOn/Offをして、どこに取り付けたいのか、必要な電力はどれぐらいなのか、というところを考えると良いかもしれません。

工夫すれば、キーとの連動でOn/Off出来るようにも設定できます。



IMG_1532

今回買った物には、既に接続部分に端子が付いています。

地味にヒューズも付いているので、意外にお得感あります。

本当は端子は丸型の方が外れないし安心ですが、まあ、安いので。

IMG_1533

車体に取り付ける為の部品。

普通のバーハンドルなら取り付けられるのではないでしょうか。

私は今回これは使わないのですが、注意点として、バッテリーに繋ぐより先に、この部品にUSB電源の本体を通しておく必要があります。(繋いでからだと部品に通せないので)

では、早速バイクに取り付けてみましょう!



バッ直でUSB電源を繋ぐ

IMG_1534

エストレヤのバッテリーは、このサイドの黒いカバーを外した所にあります。

ネジをふたつ外して、更にカバーの上の部分に差し込まれている出っ張りを抜きながら外します。

イメージとしては、斜め下に抜く感じ。

IMG_1535

こんな感じでバッテリーが現れます。

しかし、エストレヤは配線を繋いだままだとバッテリーは抜けないので、もうこのままやっちゃいましょう。

IMG_1541

シートを上げて、上から見た所。

バッテリーの上にヒューズボックスがあります。

ヒューズボックスの下に、バッテリーのマイナスがあるので、ヒューズボックスを外しましょう。

ヒューズボックスは、ネジひとつとツメの様な物で止まっています。



バッテリーが露わになったら、配線を触る訳ですが、バッテリーの配線を触るときは、必ず順序を守りましょう!

バッテリーを外す時はマイナス→プラスの順で外す。
逆に付ける時はプラス→マイナスの順で付けます。

これを守らないと、最悪感電します。



バッテリーのマイナス端子を外して、次にプラス端子を緩めます。

そしてプラスの隙間に、USB電源のプラス端子を差し込みます。

IMG_1536

しっかりネジを締め直して、次はバッテリーのマイナス端子にUSB電源のマイナス端子を繋ぎます。

IMG_1537

こちらもしっかりネジを締めておしまいです!

いざやってみると、何のことはない作業です♪



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5989027686238511"
data-ad-slot="7306203987">



USB電源の接続確認

作業は果てしなく簡単です。

慣れている人なら、数分で終わるかもしれません。

さて、繋ぎ終わったら後は通電確認です!

IMG_1538
IMG_1539

やった!点きました!

スマートフォンも充電してみましょう。

IMG_1540

Yes!充電出来ているようです!

後はこのUSB電源本体をどこに取り付けるのか...。

IMG_1542

シート下、ヒューズボックスの隣のスペースに突っ込みましょう。

はい、です。すみません。

言い訳すると、ソロシートなのでシート下に隙間がいっぱいあるのと、私はロングツーリングの時はウエストポーチを付けるので、そこにスマートフォンを突っ込んだまま充電できるようにシート付近に電源が欲しかったので......はい、ただの言い訳です



無事に取り付け(?)おわりましたが、これだけでは本当に充電出来ているのか不安です。

なんたって500円ぐらいの品物です。1時間に数%しか回復しないようでは使い物になりません!

よし、天気も良いですし、ちょっと走りに行きましょう。

IMG_1543

出発前。

IMG_1544

帰宅後。

50分ほど走ったら、36%回復しました!

ちょっと回復量は少ない気もしますが、まあ、500円ぐらいなので...!

しばらく使ってみて様子を見てみる事にしましょう。



おわりに

愛車のエストレヤに遂に電源が付きました!

作業自体は難しい事はひとつもありませんし、工具もドライバーがあれば十分です。

是非みなさんもチャレンジしてみて下さい♪


▼ブログランキング参加中。
クリックよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ