IMG_1430

今回の行きたい場所は、静岡県の静岡市と藤枝市岡部町を結ぶ「宇津ノ谷峠(うつのやとおげ)」にあるという「明治宇津ノ谷隧道」、通称「明治のトンネル」です。

もう1枚目の写真だけで、私の訪れたい欲求はマックスです!

さっそくどんな所なのか見ていきましょう♪



明治のトンネルの場所



かつては交通の要であり、難所であったと言われていた通りにある明治のトンネル。

側を通る「国道1号」を走っていると、全く分かりませんが、1本旧道に逸れると、歴史を感じられる景色が広がります。

私もこの付近の「国道1号」を走った事があるのですが、夜だったこともあり、その存在に全く気付くことなく通り過ぎていました。

945B869C-48F4-43BC-B973-81CEF9DC7895-757-00000265B67502E1

トンネルの近くには、「蔦の細道」というハイキングコースがあり、こちらもかつては峠道だったようです。


付近のトンネル

「明治のトンネル」は、その名が示す通りに、明治に作られたトンネルです。

付近には、ほかにも「大正のトンネル」「昭和のトンネル」「平成のトンネル」があります。

C9AD8A33-1687-401B-AFB5-A6BEFFAB5CA0-757-00000266DD20D11A
1D51C194-3727-4DB5-8518-F75B9C6D5F6B-757-00000266E34383CD

大正以降のトンネルは、もう現代のトンネルと変わりないように見えます。

やはり目指すは「明治のトンネル」ですね!



明治のトンネル

IMG_1431

入り口からして、私の好みをビシビシ突いてくる風情のトンネル。

苔の具合や寂れた風態、奥を照らすライトなど、もう私の好みすぎて困ります。

「明治のトンネル」は、有形文化財に指定されていますが、徒歩であれば普通に通行可能です。

出来ればバイクで入ってみたいですが、ダメならば仕方がないです!

IMG_1432

隧道名は苔で埋もれています。最高です。

こういうトンネルを見ていると、神奈川県のユーシン渓谷を思い出さずにはいられません。

あそこも良いトンネルスポットです。

IMG_1429

トンネル内は、美しく組まれたレンガを、優しいライトの光が照らします。

なんだか幻想的ではないですか♪

ライトの間隔がちょっと広いそうなので、夜に訪れると少し暗い部分もあるとの事。

サイトによっては、心霊スポット的なことも書いていましたが、どう考えてもライトとレンガの美しさの方が勝ります。

今はどうか分かりませんが、夜は野犬が出ていた事もあるそうなので、心霊よりもそっちの方が注意が必要です。

D245D82F-3C88-4B4A-A7EC-1D973C739499-757-0000026E16981B1B
【出典】http://www.uraken.net/rail/travel-urabe197.html
トンネルの出入口の町並みも、歴史を残すかのような素晴らしい建物に囲まれています。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5989027686238511"
data-ad-slot="7902602419"
data-ad-format="auto">



おわりに

今でこそ国道が日本中を巡り、それを縫うように、県道も至る所に張り巡らされています。

バイクで走っていると、ふとした拍子に思いがけない道に入ることはありますが、普通に走っていたら遭難する事なんてありません。

便利ではあるのですが、私はこういった峠道や、風情を残した建造物を見ると、やはりどうしても魅力を感じてしまうのです。

まあ、峠道ばかりだと、不便なのは間違いないですけどね 笑



一部写真提供:静岡県観光協会


▼ブログランキング参加中。
クリックよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



特産品

ほうじ茶



静岡牧之原産特選ほうじ茶三角ナイロンティーパック5g50個パック

静岡県産ほうじ茶。水出しも出来る優れもの。


静岡の肉工房 本格煮豚



チャーシュー煮豚(秘伝醤油味)「まっくろ煮豚400g」

静岡県の肉職人の本気!本格チャーシューです!