IMG_0336

今回の行きたい場所は、香川県の離島である小豆島(しょうどしま)に広がる「中山千枚田」です。

香川県の中で唯一「日本の棚田100選」に選ばれている美しい景観、都会では味わえないそのありのままの自然を堪能出来る旅に出掛けましょう。



小豆島の行き方



小豆島は橋の架かっていない離島なので、フェリーで向かう事になります。
もちろんバイクも一緒に乗っていけますよ♪

本州から小豆島へのフェリー

IMG_0318

本州からですと、多くのフェリー会社が小豆島行きの船を出しています。

出発場所や料金などから選ぶと良いかと思います。

▼両備フェリー
「新岡山港」から「土庄港」行きのフェリーが出ています。

【公式ホームページ】
http://ryobi-ferry.com/
住所 : 岡山県岡山市中区新築港9-1

こちらのフェリーは、大人1,050円の乗船料と、750cc以下の自動二輪ですと930円の運賃が掛かります。
合わせて1,980円で渡れます。

所要時間は約70分です。


▼瀬戸内観光汽船
「岡山県の「日生港」から「大部港」行きのフェリーが出ています。

【公式ホームページ】
http://setouchi-kankokisen.co.jp/
住所 : 岡山県備前市日生町寒河2570番地の26

こちらのフェリーは、2等客室料金の1,030円と、750cc以下の自動二輪ですと1,000円の運賃が掛かります。
合わせて2,030円で渡れます。

所要時間は約60分です。


▼小豆島フェリー株式会社(四国フェリー)
こちらのフェリー会社は、「姫路港」から「福田港」と、「新岡山港」から「土庄港」行きのふたつのルートが選べます。

【公式ホームページ】
https://www.shikokuferry.com/
姫路港住所 : 姫路市飾磨区須加301 ポートセンタービル1F
新岡山港住所 : 岡山県岡山市中区新築港9-1

「姫路港」発は、750cc以下の自動二輪ですと、旅客運賃1名込みの2,790円です。
「新岡山港」発は、750cc以下の自動二輪ですと、旅客運賃1名込みの1,980円です。

所要時間は、どちらも100分となっています。


▼小豆島豊島フェリー株式会社
こちらは、岡山県の「宇野港」から「豊島」経由で「土庄港」に行けるフェリーです。

【公式ホームページ】
http://www.shodoshima-ferry.co.jp
住所 : 岡山県玉野市築港1-3-2

大人旅客運賃1,230円と、750cc以下の自動二輪ですと1,350円の運賃が掛かります。
合わせて2,580円です。

所要時間は約60分です。


▼小豆島ジャンボフェリー
兵庫県の「神戸港」から「坂手港」行きのフェリーです。

【公式ホームページ】
http://www.shoudoshima-ferry.co.jp
住所 : 兵庫県神戸市中央区新港町3-7

大人旅客運賃1,990円と、126cc以上の自動二輪運賃の2,000円が掛かります。
合わせて3,990円です。

所要時間は約3時間強です。


フェリーの注意点

連休などの繁忙期は、料金が割高になることもあります。

また、執筆時点の料金なので、料金改正もあるかと思うので、事前にホームページで確認する事をお勧めします。



中山千枚田

IMG_0335

「小豆島」には数多くの魅力あるスポットがありますが、今回目指すは美しく広がる「棚田」です!


千枚田はどこに行けば見られるのか?


小豆島の丁度真ん中の辺りに、「中山地区」があります。

この「中山地区」には至る所に無数の棚田が作られています。

小豆島の道路は綺麗に舗装されている所が多く、交通量も少ないので気持ち良くバイクを走られる事が出来ます。

IMG_0320

走りやすいからと飛ばしたりすると、猿が出てきます!

急カーブも多いので、ぜひ安全運転で走りましょう♪


広がる千枚田

IMG_0337

「日本の棚田100選」に選ばれ、その数なんと700枚以上という果てしないスケールです!

整備された観光地では見られない、ありのままの姿が心を癒してくれます。

IMG_0330
IMG_0329

水田の棚田です。春から初夏でしょうか、こうして見ると土地をうまく使っている事がうかがえます。

IMG_0331
IMG_0334

水田と刈り入れ後の棚田。

田んぼの周りのあぜ道は、ツクシがよく生えているんですよね!
久しぶりに私にとってのおふくろの味である、ツクシの卵とじが食べたいですね♪

IMG_0321

稲穂が実っています。

しかしこの広大な棚田は、一体どれぐらいの人が管理しているのでしょうか。
農作業も大変そうです…!



こまめ食堂

IMG_0338
【公式ホームページ】
http://www.dreamisland.cc/cafe/komame-cafe.html
住所 : 香川県小豆郡小豆島町 中山 1512-2

「中山千枚田」に来たら必ず立ち寄りたいお店「こまめ食堂」です!

千枚田のすぐ近くにあり、全て手作りである品々が楽しめる素敵な食堂です。

まさにふるさとの味、お店の作りも温かみで溢れています。

IMG_0339

「棚田のおにぎり定食」は、昔ながらの炊き方でふっくら炊き上げたお米をひとつひとつ結び、季節毎に違ったおかずと楽しめるスペシャル定食です。

棚田の近くで美味しいお米が食べられるなんて、こんな幸せそうはありません!

IMG_0340

「小豆島オリーブ牛バーガー」は、オリーブのしぼり粕を配合した特別な餌で飼育された高級牛を使った、超贅沢バーガーです。

そうです、何を隠そう小豆島はオリーブの産地として日本有数の地なのです。

IMG_0328
IMG_0327

日本でオリーブの栽培を始めたのも、小豆島が最初だったとも言われています。

IMG_0341

小豆島は香川県ですし、うどん…ではなく、実は素麺の産地としても有名なのです。

こまめ食堂で食べられる「小豆島素麺」は、脱サラ後に約30年の試行錯誤と研究を重ねて完成したという「平井製麺所」の素麺です!

IMG_0332

素麺ってこんな風に干すのですね!私は基本的に麺類は総じて大好きなので、ぜひ食べてみたい素麺です!



おわりに

小豆島は瀬戸内海で2番目に大きな島ですが、バイクでぐるりと周るだけなら、案外すぐに回れます。

バイクを走らせながら、気になった所にぶらりと立ち寄るのも楽しいでしょう!

整備された観光地とはまたひと味違う、島ならではの自然を満喫しましょう♪


▼ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ



小豆島 特産品


純正醤油


小豆島は美味しい醤油の生産地としても有名です!

純正醤油 900ml


小豆島産オリーブオイル


小豆島といえばオリーブ、オリーブでしたらオリーブオイル!
オリーブオイルは美容にも良いのです♪

オリーブオイル 国産 小豆島 エキストラバージン 100ml 美容 健康 オイル 送料無料


小豆島 素麺


香川県はうどんだけではないのです!
小豆島の特産品で素麺は外せません。

讃岐・小豆島素麺紀行(ギフト 引き出物 引出物 快気祝い 快気内祝い 結婚式 内祝い お返し 引越し ご挨拶 香典返し【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_メッセ入力】)